Home » アフィリエイト » 更新するより、更新されるホームページ?

更新するより、更新されるホームページ?インターネットビジネスで新しい可能性を

2014年04月15日 category : アフィリエイト

このページでは、アクセスが集まるホームページについて考えたいと思います。

サイトの利用としては、ユーザが閲覧するサイトと

ユーザが利用するサイトの2種類に分かれえいると思います。

 

例えば私のこのページは、ユーザが閲覧するサイトです。

 

閲覧する事によって、利用とも言いますが

閲覧する事によって、ホームページの大きさ(ページ数)は増えません。

コンテンツを充実させてみましょう!でもお伝え致しましたが

サイト全体のコンテンツが増える事により、

ユーザの求めるコンテンツが増える事になります。

サーバの契約によっては会員サイトなど、

IDとパスワードを用いる様なサイトも良いでしょう。

ユーザのリピートを促す事によってもアクセスを集める事が出来るようになります。

 

続いては、ユーザにページを増やして貰うサイトですが、

SNSなどのブログサービス、YouTubeなどの動画サービス、

楽天などのオークションなどサイトもページを増やして貰っているサービスです。

更には、閲覧の利用するユーザも居るので、相乗的にアクセスが集まるようになります。

只、ユーザが利用するサイトを作りには、大きな容量のサーバが必要になり

サーバ費がどうしても高額になってしまうと言う欠点があります。

 

しかしながら、今後ホームページで多くの利益を出したいと言う方は

ユーザに利用して貰うサイト作るのも考えてみると良いかも知れません。

 

と言うのも私の経験上ですが閲覧メインのサービスで

月額10万円を稼ぐと言う事は実際には難しいと思います。

と言っても、サーバ代を考えれば安いですが(笑)

 

流れてとしては、閲覧だけのページで数千円~数万円を稼ぐようになった時に

新しくサイトを作る⇒作ったサイトが稼ぐようになった⇒新しくサイトを作る

と言うサイクルを作れれば言いと思います。

 

参考にですが、私がオススメ出来るSNSを作るためのツールを

ご紹介したいと思います。

オススメ⇒OpenPNE

OpenPNEとは?

以下、引用になります。

オープンソース方式で開発を行ってきたSNS構築ソフトウエアです。

PC、フィーチャーフォン、スマートフォンの各種ブラウザに対応し、

多様なサーバー環境で利用できます。

OpenPNEはオープンソースでApache2.0ライセンスを採用し、

利用、配布、開発を自由に、無償で行うことができます。

地域やサークルのコミュニケーションツールとして、

会社のグループウェアとして、グループのCMSとしてOpenPNEを

土台にしてさまざまなコミュニティ活動のためのネット空間をつくることができます。

簡単に説明すると、あなたのホームページを

アメブロみたいにして、ユーザに利用して貰うサイトを

簡単に作れるツールになります。

 

 


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.