Home » アフィリエイト » ユーザが何を求めているのか明確に提示するだけでも利益が伸びる

ユーザが何を求めているのか明確に提示するだけでも利益が伸びるインターネットビジネスで新しい可能性を

2015年07月14日 category : アフィリエイト

最近の紹介などを見ると、商品を紹介していないにも関わらず

リンクを貼って、ユーザを誘導するようなサイトばかりを見かけますが

前提に、どのような商品を紹介したいのか、明確に記載しましょう。

 

よく情報系のサイトに上記内容の文面が多く、

余りにもずさんな作りのWebサイトや、ブログになってしまっています。

 

例えば、健康食品については、

凄い悪い例で例えるなら、

元気になりました⇒購入はこちら

と言うような誘導も見受けられる位です。

 

これでは、どのような商品かも分からない状態です。

 

次に、

 

〇〇を知りたい方はこちら⇒誘導

こちらも内容が抽象的過ぎてしまい、不安を煽る事でしかないです。

 

良い例としてですが、

先ほど健康食品を例にしてあげます。

 

健康食品でダイエットにも成功したとしましょう。

その時には、私のサイトから購入をしてくれた方は、

ダイエットの方法や、持続して摂取した方法、注意事項など別途サポートします

この位の内容は必要かと思います。

 

健康食品については、

元気になる事がユーザの求めている事であって

貴方のサイトから商品を購入する事ではありません。

 

例え、貴方が商品に魅力を感じ照会していても

無理に紹介してしまえば、紹介した商品の価値自体を下げてしまう事になりかねません。

 

大事な事ですが、ユーザが何を求めているのか、

求めている内容を、どうしたら満たせるのかを考える事が

アフィリエイトにとって、利益を伸ばすコツでもあります。

 

 

 


Copyright(c) 2015 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.