Home » アプリ開発 » アプリを開発には、AndroidアプリとiOSアプリがあります

アプリを開発には、AndroidアプリとiOSアプリがありますインターネットビジネスで新しい可能性を

2014年10月07日 category : アプリ開発

アプリを開発する際に注意してほしいのが

AndroidアプリとiOSアプリの違いです。

どちらでも、動くアプリの開発は可能ですが、

個人では、両方動く環境を考えるのは難しいでしょう。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

お使いの携帯のOSに合わせて作るのもいいですが

検討している方へ、それぞれの特徴をお伝えしたいと思います。

 

iosのメリット

 

有料アプリのダウンロード数が多い

AppStoreでの販売なので、元々有料のアプリが多い為
有料でもダウンロードする方は多い傾向にあります。

 

端末が少ない

iPhone、iPadしか有りませんので、開発でのバグが起こり難くなりますし
その分、端末ターゲットが絞れます。

 

iosのデメリット

 

Appleの審査が厳しい

AppStore経由となるためリリースにはAppleの審査が必要ですが
審査が厳しく、リリースされるまでの期間が長い場合もあります。

 

リリース費用が高い

年間に7800円(為替変動があります)の費用が掛かります。
万が一、まったくダウンロードされなければ
年間なので費用が大きく掛かってしまいます。

 

Androidのメリット

 

シェア率が高い

世界でもAndroidの方が多く使われています。
その分、アプリの利用ユーザが多いとも言えます。

 

Playストアの審査がやさしい

Appleに比べてですが、比較的審査に通りやすいようです。
しかし、ウィルスや情報漏洩の事もあり、
今後は厳しくなってくると思います。

 

リリース費用が安い

登録料は25ドルで、月額とかではなく初回に支払うだけです。

 

キャリア課金が可能

携帯電話の料金と一緒にアプリ料金も払えるので
利便性が高いと言えます。

 

Androidのデメリット

 

有料アプリのダウンロード数が少ない

Androidユーザの殆どの方は、
アプリ無料をダウンロードする傾向にあります。
中には、無料じゃないとダウンロードしないと言う方も

 

端末が多い

OSは同じでもメーカーによって、少しの違いが出てきます。
端末によっては、OSのバージョンアップが出来ない為
アプリをダウンロード出来ない事も
また、開発環境についても、バグなど考慮する為に
開発期間が延びる事もあります。

 

 

 


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.