Home » アプリ開発 » LINEスタンプの作り方とLINEクリエイター(販売)登録

LINEスタンプの作り方とLINEクリエイター(販売)登録インターネットビジネスで新しい可能性を

2015年06月16日 category : アプリ開発

LINEスタンプで稼げると知っている方は多いと思いますが

LINEのクリエイター登録を行っている方は少ないと思います。

 

簡単にですが、LINEスタンプの作り方と

LINEクリエイター(販売)登録方法をご紹介させて頂きます。

 

1、まずはLINEに登録

 

そもそも、LINEのIDをもってなければクリエイター登録が出来ません。

まずはこちらからLINEの登録を済ませましょう。

LINE公式ページ

 

2、LINEアプリ上でメールアドレスとパスワードを登録しよう

 

LINEへ登録が完了したら、次はメールアドレスとパスワードの登録です。

◆メールアドレスの登録手順◆
1) メインメニュー[その他]をタップ
2) [設定]をタップ
3) [アカウント]をタップ
4) [メールアドレス登録]をタップ
5) [メールアドレス]と[パスワード]を入力し、[メール認証]をタップ
6) 届いた認証番号を入力するか、URLをクリック
7) 認証が完了したら[確認]または[OK]をタップ

※登録後の認証メールが届かない場合はメールの拒否設定を確認してください。

 

3、LINEクリエイター登録

 

いよいよ、クリエイターとして登録です。

こちらより登録をお願いします。

LINEクリエイター登録ページ

登録した、メールアドレスとパスワードを使って登録しましょう。

登録が完了したら、クリエイターとしての自分の情報の登録をお忘れなく

 

4、テキスト情報とスタンプ画像の登録

タイトルやスタンプ説明文等のテキスト情報を登録しましょう。

あとは、販売するスタンプ画像40個、メイン画像1個、トークルームタブで

使用する画像1個の合計42個をLINE上にアップロードします。

説明文は出来る限りインパクトが強いものが良いと思いますが

販売する画像に合った説明にすると良いですよ。

 

4、いよいよ。スタンプの審査です。

スタンプは作成すれば良いと言う訳ではありません。

規定にあったスタンプのみ販売が出来ます。

審査ガイドライン

ガイドラインを守らないと途中で販売中止なんて事もありえます。

面倒臭がらずに、確りとガイドラインは読んでおくべきでしょう。

 

5、審査後は、1つあたり42円の利益で販売出来ます。

1スタンプの販売価格は120円です。

2015円の2月1日以降にクリエイター登録された方は

35%の利益となります。

LINEの利用が多くなり、LINEの運営が追い付かなくなったのが

理由との事です。

 

如何でしたでしょうか。

一度、スタンプを作ってしまえば後は、宣伝に専念できます。


Copyright(c) 2015 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.