Home » ビジネスモデル成功例 » 東京ディズニーリゾートの成功例

東京ディズニーリゾートの成功例インターネットビジネスで新しい可能性を

2014年10月21日 category : ビジネスモデル成功例

まずはじめに、オリエンタルランドのパーク運営理念として

SCSE』と言うものがあります。

ご存知でしたでしょうか?

詳しく説明すると、Safety(安全)、Courtesy(礼儀正しさ)、

Show(ショー)、Efficiency(効率)という4つの行動基準になります。

 

しかし、『SCSE』は基本理念であって、大成功に至る要因にはなりません。

 

私が考えるにディズニーリゾートでは、リピーターを増やし続けているのが

最大の成功の秘訣だと考えています。

 

調査の結果、来場者の割合を調べたところ、約67%の方が

関東圏からの来場者でした。

つまり、売上げの半分以上がディズニーリゾートのある関東圏内で

収まっていた事になります。

 

リピーターを増やす最大の特徴として

『ハピネスとホスピタリティ』について、徹底的にされている事だと思います。

 

ハピネスとは、幸福感を提供する事にあたりますが

ディズニーリゾートに行って、そうそう嫌な思いをされた方は居ないと思います。

なぜなら、リゾート内では、清掃が行き届き、ショーのクオリティーを高める事を

徹底して行っているからでしょう。

 

また、ホスピタリティーは、おもてないの事ですが

ディズニーリゾートのある、舞浜駅から園内に行く時にも

かすかに流れるディズニーの音楽やキャラクターの像を見ることで

入り口に着く頃には現実を忘れ、中のアトラクションに対する期待が

膨らんでいる状態にまでなります。

園内に入ってもワクワクは続き、帰る頃にはもっと居たいと言う気持ちにさえなります。

 

やっている事は、リピーターを増やす事だけですが

リピーターを増やす事を徹底したのが、大成功の秘訣ではないでしょうか。


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.