Home » 就職支援 » ブラック企業の見分け方

ブラック企業の見分け方インターネットビジネスで新しい可能性を

2015年06月10日 category : 就職支援

ブラック企業と聞いて皆さんは

どのようなイメージをされるでしょうか。

 

もし、今現ブラック企業に勤めていて

転職をお考えの方なら、少し考える時間を下さい。

 

正直、個人経営された方の視点からすると

ブラック企業って、日本で探す限りないと思います。

 

只、就職後に身体を壊すような企業に勤めるのだけは

止めておいた方がいいでしょう。

一番の資本は身体です。

 

結局のところ企業は

民主主義ではなく、資本主義なところがありますので

どれだけ、企業に貢献出来たかによって報酬が変わってきます。

 

私の思うブラック企業として

賃金を払わない。この事に尽きます。

 

逆を言い返せば、サービス残業をしてとかではなく

貴方から報酬の提案、

例えば、これだけやるので、このくらいの給料を下さいと言って

守る企業は、ブラックではないと思います。

 

企業へは、貴方自身がアピールをしない限り

給料は上がらないと思って良いでしょう。
※年齢給などは除く

 

多くの方は、自身を企業にアピールをせずに

ブラック企業だと勝手に決めつけている方が多いように感じられます。

ご自身の対応が企業をブラック企業化させてしまっている事に

早く気が付くべきだと感じられます。

 

ですが、どうしても今の状況が辛いと思っている方は少なくないでしょう。

転職をお考えの方が、やってはいけな事が一つだけあります。

それは、次の転職を考えずに辞めてしまう事です。

考えるだけではダメで、次の就職先を決めてから退職をするようにしましょう。

 

私が色んな方と関わってきた中で、次の転職先を決めずに

会社を辞めた方は、また同じような転職先や

転職が決まらずにダラダラとして、

結果、また貴方が思うブラック企業に就職している事でしょう。

 

なぜなら、転職するにしてもお金や気持ちに余裕がない時ほど

正しく判断が出来ず、貴方の能力を活かせられる企業を

見つける事が出来なくなるからです。

 

本来であれば転職すると言うのは、今まで培ってきた経験を活かし

ステップをする為に行うべき事です。

つまり給料と言う名の報酬をアップする為なのです。

しかし、途中で投げ出して辞めてしまった場合

活かす事より逃げる事が多いので、

堂々巡りになってしまい悪循環から抜け出せません。

 


Copyright(c) 2015 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.