Home » FX(外国為替) » 相場は上下するもの

相場は上下するものインターネットビジネスで新しい可能性を

2014年09月09日 category : FX(外国為替)

相場とは上下するものです。

この事は、すごく重要で、現在の相場がどんな状態にいるかを

知っている事で、とても勝率アップにつながります。

いつ頃上がるか、下がるかを分析して予想が出来れば

利益の出せる確率は断然違います。

 

一番下がった時に買い、下がった時に売りが出来れば

ベストですが、途中でも応用が利きますよね。

 

私の予想する時は、指標が発表されてからと

それまでの、予想を織り込みます。

その際に重要となるのが、分析の仕方ですよね。

分析には、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析に二通りがあります。

 

どちらが、良いとか、どっちも織り込むと良いとかは

取引を行う方によって、違うと思いますが

 

私は両方の分析が出来る方が断然良いと思っています。

只単に私の周りの方の統計で、両方勉強している方の方が

利益を多く出しているからです。

 

・テクニカル分析の仕方

テクニカル分析は主にチャートに依存します。

チャートを見ていると、下がる時の傾向が強い形だったり

上がる傾向が強い形がある事に気が付きます。

 

また、下がりすぎ、上がりすぎの時にも

テクニカル分析は有効になります。

 

・ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズとは、海外や国内の

ニュース(指標)などにより分析を行う事です。

 

私は、ファンダメンタルズよりになりますが

重要の指標が発表されたり、大きなニュースがあった時は

相場が大きく上下します。

最近の事だと、震災の時がイメージがつきやすいかなと思います。

震災時は、円高に大きくすすみました。

 

両方の分析が出来る程、分析が正確になる?

 

株とか不動産の投資でも同じ事が言えると思いますが

情報元が多ければ多いほど、予想が正確になっていくものです。

極めると言う意味では、テクニカル分析の方がむずかしいと思っています。

ファンダメンタルズは、指標を見れば良いだけなので(笑)

 

この情報が正しければ、必ず稼ぐ事も出来ると思っています。

 

例を挙げるなら、インサイダーでしょうか。

インサイダーについてはこちらから

インサイダーについて

 

日銀が円を介入すると内部的に情報が出回れば

稼ぐ事が可能ですが、犯罪です。

これって、どちらかと言うとファンダメンタルズよりでしょうか。

FXって、簡単に稼げるものでは、ありませんが

相場に対しての知識と判断力を鍛える事により

利益を取って行くことが可能になります。

皆さんも、状況の分析を行ってみてはいかがでしょうか。


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.