Home » FX(外国為替) » 相場が動く時の特徴

相場が動く時の特徴インターネットビジネスで新しい可能性を

2014年10月25日 category : FX(外国為替)

相場で上下する時(瞬間)をお届けしたいと思います。

すでに、取引を行っている方は勿論承知だと思いますが

世界各国の指数発表後に大体が動きを始めます。

一秒とか、その位で大きく動く時もあるので注意が必要ですが

一番注意をしないといけないのは、発表される指数が、どの位の影響なのか?

を知っておく事でしょう。

ここで話を勝手にですが、置き換えさせて頂きます。

---------------

皆さんには、信用出来る人は居ますか?

↑ここ重要です。

では、置き換えます。

皆さんには、信用出来る発表はありますか?

↑人と発表を置き換えただけです。

---------------

さて、ココからの話ですが、発表も人も似ていると言う事です。

確りと発表の内容を把握していきましょう

相場が大きく動く時の法則。

1、発表の予想と大きく差があった時

2、突発的なニュースがあった時

上下どちらの事でも言えますが、思っていた事との差が大きく影響します。

また、発表される重要性により影響が大きくなると言えるでしょう。

関係無い人の良い所や悪い事を聞いても、あまり関心が出ませんよね。

相場でも、同じ事が言えます。

あまり、良いお話ではないですが、自分が凄く信用している人に

嘘を付かれると、その反動が大きくなりますし、

その後の影響にも関係してしまいます。

相場の影響も似ていて、下がる時(良くない事)の方が、

圧倒的に上がる時(良い事)よりも大きく動きます。

(下に動く時の方が大きく動きます)

信用を無くすのは早いけど、信用を取り戻す時の方が難しいとか、なんとか・・・・・・

指数発表の前に、どの位の影響なのか?信用なのか?を

知っておく事で、良い取引を行う上のコツです。


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.