Home » 起業 » 個人事業にするか法人(会社)にするか

個人事業にするか法人(会社)にするかインターネットビジネスで新しい可能性を

2014年09月12日 category : 起業

事業を起こすにあたり、個人と法人どちらにすればいいのか

迷う方もいらっしゃるようです。

 

まず前提に、今後も現在の事業

または今後の事業を続けていく場合に起業を考えて下さい。

 

ちなみに個人事業主でも会社を設立した人でも

他の企業で働く事は可能です。
※勤める企業が就業規則で禁止にしていない場合です。

 

次に開業届、白色申告、青色申告については

お金はいっさい掛かりません。

未だに費用が掛かると思っている方もいるみたいです。
※青色については、ご自身で行う場合です。

 

只、青色申告を出した後に過去5年間

年に100万以上の所得があった場合は注意が必要になります。

税務調査は過去5年間調べられます。
※悪質な場合は過去7年調べられます。

 

つまり、タイミングとして月に10万程の利益がある場合は

個人事業主として開業をされた方が良いでしょう。

 

また、法人については、赤字でも税金や維持に経費が掛かってしまいます。

その為、年間利益が800万~1000万ほどになった場合は

法人化を検討すべきと考えます。

 

 


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.