Home » 起業 » 法人化のメリット、デメリット

法人化のメリット、デメリットインターネットビジネスで新しい可能性を

2014年09月14日 category : 起業

事業を法人化するにあたり、メリットとデメリットがあります。

個人事業とは、はっきりとメリットとデメリットが分かれます。

 

デメリットについて

 

・開業と廃業にも資金が掛かる
最低金額ですが
開業には203,050円+行政書士への報酬~243,050円
廃業には32000円ほど掛かります。
※印鑑作成などもありますので
最低で300000円は掛かると思って下さい。

 

・ランニングコストが掛かる
法人には、赤字でも税金を払わなければなりません。
休業していても届けを出さない場合、最低でも70000円は掛かります。
※地方により異なります。

 

・社会保険への加入が義務
国民保険、年金に比べ高額になるので、
従業員が増えれば、その分負担が増えます。

 

メリットについて

 

・節税面でメリットが多い
業種によりますが、年収が600~800万ある方は、
一度、法人化を検討されるのが良いでしょう。
相続税も掛からなくなります。

 

・信頼を得やすい
イメージものですが、融資の場合は現在も法人の方が有利です。

 

・融資や資金調達の幅が広がる
法律上でも、個人に比べ融資の幅が広がります。
もっとも分かりやすいのが株でしょう。

 

・決算月を自由に決められる
個人事業の場合は、1月~12月と決められていますが
法人の場合は自由になる為、節税の対策がやり易くなります。

 

・責任を分散出来る
個人の場合は、すべて個人に掛かってましたが
法人の場合は、出資の範囲で有限責任となりますので、
出資した範囲でのみ返済義務を負うことになります。

 

※有限責任とは?
実は株主も、その会社の社員になります。
株での損失はあっても、会社自体の損失責任は取る必要がありません。
もし会社が倒産し、借金があっても責任は取る必要がありません。

 


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.