Home » 起業 » 起業には、印鑑が必要

起業には、印鑑が必要インターネットビジネスで新しい可能性を

2014年09月15日 category : 起業

独立して自分の仕事の決済者になると、色々な場面で

それなりの「印鑑」が必要になります。

そこで、仕事用にどんな印鑑が必要になるのか、

押印する時の注意などを確認しておきたいと思います。

 

個人の場合ならば、印鑑登録している物(実印)と

印鑑登録していない物に分かれます。

 

印鑑は同じものでもいのですが、今後様々な場面で使い分けるので

数個持っておいた方が良いでしょう。

例えば、個人で銀行の口座を作る時には、専用の銀行印を

お持ちの方は少なくないのではないでしょうか?

お金に直接関わる銀行印が一般的な印鑑と同じだと懸念する為です。

 

同じように何かしらの契約の時にも印鑑が必要になりますので

確りと区別する為にも、印鑑は最低でも3個は欲しいと考えます。

 

個人事業でも、数名で事業をしているようでしたら

代表者印なども欲しいですからね。

 

印鑑を押す時の注意点

 

印鑑を押す事は、法律上その内容に同意した証明になります。

何かしらの契約後に知りませんでは、済まされないのです。

例えば家を借りる時にもありますが、少しでも契約書に不利、不当な事があれば

押してはなりません。

印鑑を押す際は、安易に押さないようにしましょう。

 

押す時には、かすれや欠けたところがないように注意しましょう。

少しでも欠けてた場合、登録が無効になる場合もあります。

 

印鑑が必要な方はこちらから




Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.