Home » メールマガジン » メールマガジン発行者が絶対にやってはいけない事

メールマガジン発行者が絶対にやってはいけない事インターネットビジネスで新しい可能性を

2014年11月03日 category : メールマガジン

メールマガジンを発行しているけど、読者が増えない、売上げが上がらないなど

悩まれる事もあるかと思いますが、メールマガジンの発行者として

絶対にやってはいけない事があります。

 

それは、スパム行為です。

 

webサービス全般に言える事ですが、スパム行為は

ユーザにとって、一番信用を失ってしまう行為になります。

 

その中でも、メルマガに特化したスパム行為について

 

・他社リストなどから、アドレスを入手し無断で配信する行為

・規約以上に何回も配信する行為

・アフィリエイトリンクばかりで集客を得ようとする行為

・配信スタンスと合っていなく、内容が合っていない行為

・有料メルマガなどで、まったく配信しない行為

など

 

その他にもスパム行為に成りえる事もあります。

メールマガジンは、読者が納得した上で読む電子書籍です。

読者の意向に合わない場合は、勿論信頼を失う事になります。

 

メールマガジン発行者にとって、盲点でもあり

あまり気にされていない事ですが、読者解除方法についての、

案内をされていない方が多いように見受けられます。

直接的なスパム行為ではありませんが、

購読する、解除するの選択は読者の自由です。

毎回メールマガジンを発行する際には

購読フォームだけではなく、解除フォームもお知らせしましょう。

 

先にもお伝え致しましたが、

個人情報保護法の改善、特定電子メール法の改善により

他社リストなどから、アドレスを入手し無断で配信する行為は違法になります。

良い情報を発信しよう。

多くの集客をしよう。

と思っていても最悪の場合、法律で罰せられます。

 

正しいメールマガジン発行者となって、優良な情報を発信していきましょう。


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.