Home » 税金 » 医療費控除をする際、収入が多い人が申告した方がお得?

医療費控除をする際、収入が多い人が申告した方がお得?インターネットビジネスで新しい可能性を

2014年10月27日 category : 税金

皆さんは、医療費控除を使った事ありますか?

多分、生命保険に加入されている方なら使った事がある事でしょう。

今回は、必ずしも収入が多い人が申告した方がお得にはならいと言うお話です。

 

そもそも、医療控除とは?

自己又は自己と生計を一にする配偶者や、

その他の親族のために医療費を支払った場合には、

一定の金額の所得控除の事です。

 

医療費控除の対象となる金額は

(1月~12月の医療費合計額-険金などで補てんされる金額の)-10万円
※所得が200万以下の方は、10万円ではなく所得の5%です。

 

例えば、医療費の額が12万円の場合

 

所得金額100万円の場合

医療費控除の額 12万円-5万円(100万円×5%)=7万円
還付金 7万円×10%×定率減税(1-0、2)=5,600円

 

所得金額200万円超で、税率20%の人の場合

医療費控除の額 12万円-10万円=2万円
還付金 2万円×20%×(1-0.2)=3200円

 

なので所得が少ない人から控除した方が還付金が多い結果となります。

 

このようなケースは稀だと思いますが、

確定申告を行う際には、実際に計算してみて、

多く還付金が帰ってくる人が申告する方がお得になります。

 

 


Copyright(c) 2014 インターネットビジネスで新しい可能性を All Rights Reserved.